グローバル ライフスタイル

ミニマリスト・ライフスタイル・メンズファッションに関する海外のトレンドを紹介します

【メンズ】カラーコーディネート 3つのルール ~色の組み合わせ方~

f:id:globallifestyle:20180813113859j:image

買い物をするとき、どの色の服を買ったらいいか悩んだ結果、同じような色の服ばかり持っていたりしませんか?今日は、色の組み合わせ方、カラーコーディネートの基本について紹介します。

 

メンズのファッションでは服のバリエーションが限られるため、色の組み合わせ方が重要になります。メンズファッションにおいて、サイズ感と色の組み合わせ方が肝と言っていいと思いますので、是非参考にしてください。

 

1.基本の色を押さえる

メンズファッションにおける服の基本色は、黒・白・グレー・ネイビー・ブラウン(

ベージュ)・カーキ・ライトブルーの7色です。

 

これらの色は、海外では「ナチュラル カラー (Natural Colors)」と呼ばれ、メンズファッションにおいて、万能な色です。ジーンズやチノパン、シャツの定番色なので、覚えやすいですね。

 
f:id:globallifestyle:20180811092550j:image

The Easiest Way to Mix and Match Color For Men -

 

基本的にはこの7色の組み合わせでコーディネートすれば失敗はありませんが、トップスは明るめ、ボトムスは暗めの色を選択すると、より洗練されます。

 

2.基本の色+1色ルール

基本の7色以外の服・小物はダメなのか?という疑問を持つと思います。もちろん使って大丈夫です。ただし、あくまで基本の色に加えて、1色のみを追加するだけに留めてください。

 

プラス1色であれば、例えば靴下とマフラーはボルドー色など、複数のアイテムで使っても大丈夫です。


f:id:globallifestyle:20180811092627j:image

How to Match Clothes When You're Clueless About Color-Matching

 

ちなみに、色の組み合わせを説明する際には、「カラーホイール」というものが使われることが一般的です。


f:id:globallifestyle:20180811092636j:image

 

例えば赤と緑のように、ホイールの対極にある色同士は相性が悪いため、一緒に着てはいけない!というように使うものですが、上述の「基本の色+1色ルール」を守る方が簡単ですので、是非意識してください。

 

 

 

3.靴とベルトの色を合わせる

特に革靴を履く場合、靴とベルトの色は合わせましょう。可能であれば、他の革製品(カバン、時計のベルト)を身に着ける場合は、その色も揃えると非常に統一感がでます。ちょっとしたコツですが、印象が全く変わりますので、是非意識してください。

 

最後に

今回の記事では万人向けのカラーコーディネートについて紹介しましたが、背が低い方向けにはこちらの記事で、色の組み合わせ方を紹介していますので、併せて参考にしてください。

 

globallifestyle.hatenadiary.jp

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!