グローバル ライフスタイル

ミニマリスト・ライフスタイル・メンズファッションに関する海外のトレンドを紹介します

おしゃれに見えるリュックの位置 (高さ)【背負う位置 低すぎませんか?】

f:id:globallifestyle:20180814221146j:image

街中でリュックの位置が極端に低くて高校生っぽく見えたり、逆に高すぎてオタクっぽく見える人がいたりしませんか?リュックの位置 (高さ) は鏡では確認できないので、どの高さが最適なのか悩みますよね。今回は、おしゃれに見えるリュックの位置を考察します。

 

このブログの読者はお気づきと思いますが、基本的に海外のサイトをソースにして記事を書いています。しかしながら、海外ではほとんどの人が高い位置でリュックを背負っている状況であり、日本とのトレンドに乖離があることから、日本でのコーデを参考にしています。

 

カジュアルでのリュック位置

リュックの位置は、背負う人の身長とリュックの大きさによって決まります。なので、一概に「リュックの上が肩甲骨のあたり」とか「リュックの下がパンツのポケットあたり」とは身長やバッグの大きさが異なるため言うこできないはずです。

 

ではリュックはどの位置にくることがいいのでしょうか?結論から言うと、「リュックの位置が肩と腰骨の中心にくる位置が基本のポジション」となります。ここで言う肩は「肩関節(肩と腕の付け根)」を指しています。

 

それでは例を見ていきましょう。以下写真は全てZOZOTOWNの商品紹介のコーデです。当然ながらZOZOTOWNには専属のスタイリストがいて、最も商品を魅力的に紹介するよう研究されつくしていますので、非常に参考になると考えています。

 


f:id:globallifestyle:20180814095412j:image

http://zozo.jp/shop/manhattanportage/goods/730433/?did=3019801&rid=3123


f:id:globallifestyle:20180814095427j:image

 http://zozo.jp/shop/manhattanportage/goods/731752/?did=3024584&rid=3019


f:id:globallifestyle:20180814095442j:image

http://zozo.jp/shop/beams/goods/805006/?did=3330138


f:id:globallifestyle:20180814095450j:image

http://zozo.jp/shop/jamhomemade/goods/6126629/?did=17601195

 

いずれも肩と腰骨の中心のポジションになっているのが分かると思います。この位置を基本ポジションとして、カジュアルなスタイルが好みであれば若干下げる、きれいめが好みであれば若干上げることで、よりオシャレになります。

 

 

ビジネスでのリュック位置

スーツ姿でリュックを背負う人が増えましたが、たまに非常に低い位置で背負っている人を見かけますが、ビジネススタイルでリュックを低い位置で背負うことはNGです。ビジネススーツとビジネスリュックは、それ自体がきっちりしているので、低い位置=ルーズに見えることからバランスが悪くなります。

 

それではどの位置 (高さ) で背負うことが正解なのでしょうか?答えは「腰骨の位置よりも上にくるようにして背負う」ことです。

 

ビジネスリュックにも様々な大きさがありますが、ベルトの位置よりも上であれば、ルーズに見えることはありません。逆に高い位置で背負ってもきっちり見える方向になるため、スーツとの相性は悪くありません。

 

位置のイメージを写真で確認してください。


f:id:globallifestyle:20180814095504j:image

http://zozo.jp/shop/victorinox/goods/26022993/?did=47372789&rid=3019


f:id:globallifestyle:20180814095511j:image

http://zozo.jp/shop/victorinox/goods/26022994/?did=47372790&rid=3019

 

最後に

リュックの位置 (高さ) は鏡ではチェックできないので、自信があると断言できる人は少ないのではないでしょうか?街中ではかなり低い位置で背負っている人を見かけますが、キレイめのファッションの場合、腰骨くらいまで上げたほうがバランスが良くなります。是非今回の記事を参考にして、リュックの位置を確認してみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!